×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガミースマイル 治療

ガミースマイル治療はボトックス

ガミースマイルの治療と言うと美容外科や形成外科が頭に浮かびます。そしてガミースマイルの治療方法に「ボトックス注入」というプチ整形がお勧めです。

ボトックスは顔の表情筋のみに効果があるプチ整形で、ガミースマイルの他にも、額や眉間、目じり、えら、オトガイの治療にも使用されています。ボトックス注入は、ボツリヌス菌から抽出したボツリヌスタイプAトキシン製剤が使用されます。結構怖い響きです。

メスを使うような手術は更に怖いですから、ここで不安と取り除いてボトックスでガミースマイルを治療する事を検討しても良いと思います。ボトックスは表情筋の緊張をゆるめたりするなど、筋肉の過剰な活動を抑制します、笑うと歯茎が見えすぎてしまう筋肉の動きを制御するという事です。ガミースマイルを魅力的に矯正してくれる魔法のひとつとして注目を浴びています。

ボトックスのメリットは、効果が誰でも体感できること、注射治療だから傷がつかないのは嬉しいです。逆にデメリットは、内出血の可能性があり、効果が永続しないこと。持続期間は5〜6ヶ月程度ということで、時間経過と共に戻ってしまいます。だから継続的な治療が必要となります。

でもガミースマイル治療に芸能人が使用するのはボトックスが多いと聞きます。比較的簡単にガミースマイルの治療を行うことができますし、安心して治療を受けられるよう、事前のカウンセリングが充実しているのも強いです。

ガミースマイル治療としては料金も手頃で悩みのある方は一度試してみる事をお勧めします。ガミースマイル治療に限らず女性のプチ整形から目・鼻等の手術を検討するなら情報を収集する必要がありますが、目白ポセンシア式手術法はテレビ等でも良く紹介されていて評価も高いのでチェックしてみると良いでしょう。参考にして下さい。

⇒「失敗しない美容外科選びのコツとポイント」
無料で差し上げています。お気軽にご請求下さい。

粘膜切除法と歯茎部切除法

美容外科で受けられるガミースマイルの治療方法は、その程度により施術方法が異なります。ガミースマイルの程度が軽い方には、「粘膜切除法」や「歯茎部切除法」で施術を行います。

「粘膜切除法(Litton and Fournier法)」は、局所麻酔の痛みを緩和するために麻酔クリームや麻酔ゼリーを塗り、その後、局所麻酔をします。手術は、歯茎の上側の目立たない部分の粘膜を切除し、上唇の引き上げが押さえられるように縫合する、40〜50分程度の手術です。軽度のガミースマイルの方が受けられる粘膜切除法ですが、術後1週間程度、腫れの症状が出ます。

「歯茎部切除法」の手術は、歯と歯茎の境目部分を切除し、見えすぎていた歯茎の幅を少なくするという、30分ほどで終わる手術ですが、同時に歯の治療が必要になる場合もあるようです。軽度のガミースマイル治療に用いられる粘膜切除法、歯茎部切除法は、自然に溶ける糸を使うので、抜糸の必要もありませんが、術後の経過を見てもらうため、通院を続けた方がいいようです。

どちらも、術後、シャワーは入れますが、血行が良くなると痛みや腫れが悪化するため、入浴は翌日以降からが良いとされています。また、刺激物も痛みを伴いますので、術後2〜3日は控えた方がいいでしょう。ガミースマイルの治療に粘膜切除法、歯茎部切除法を行った方は、約1ヶ月程度たたないと、上唇の感覚が戻らないようです。

筋肉切除法によるガミースマイル治療

ガミースマイルの程度が重度の方は、「筋肉切除法(Miskinyar法)」で治療を行います。こちらの治療も、美容外科で受けることができます。筋肉切除法の麻酔方法は、粘膜切除法や歯茎部切除法と同じです。手術方法は、歯茎の左右各1ヵ所を2〜3cm程度切開し、上口唇付近の上口唇筋群を切除する手術方法で、十分に止血した後、問題がなければ縫合します。

状況に応じては、耳の後ろから切り取った軟骨を、鼻と歯茎の境目に移植する処置や、インプラントを行うこともあるようです。このように、ガミースマイル 治療のための筋肉切除法では、その人によって処置が違ってきますので、手術時間も60〜90分程度と幅があります。筋肉切除法も自然に溶ける糸を使うので、抜糸も必要ありませんが、耳介部だけは1週間後に抜糸が必要になります。

このガミースマイル治療も、術後1週間程度は腫れの症状が出ますし、上唇の感覚は、術後1〜3ヶ月程度戻らないようです。上歯茎の周辺には、細かい神経が無数にあるため、不慣れな医師の場合には粘膜を傷つけ、皮膚に損傷を与えるなどというミスも起こっています。筋肉切除法でガミースマイル治療を行った場合も、術後、シャワーは入れますが、入浴は翌日以降からが良いとされています。また、刺激物なども、術後2〜3日は控えた方がいいでしょう。

その他注意点としては
化膿止め・腫れ止めは必ず服用しましょう。
痛み止めも処方されますが、痛い時のみ服用しましょう。
食事は、1週間位は刺激物・熱いものを避けましょう。
お酒は1週間控えるのが吉です。
歯磨きは上歯は2週間、下歯は1週間出来ません。。消毒液で漱ぎましょう。

健康保険

手術については、健康保険が一切適用されていないため、費用が負担になり、手術を受けられずにいる方もいるみたいですよ。しかし、何年もの間、人前で笑顔を見せられないなど、ガミースマイルがコンプレックス(オーストリアの生理学者ヨーゼフ・ブロイアーが使い始めたともいわれています)になっている方にとっては、安く感じる金額ともいえるかもしれませんね。

現在のところ、保険が適用されるガミースマイル治療は、矯正治療のみです。また、同じ矯正歯科でも、「顎口腔機能診断施設」であることや、顎変形症と診断されてた場合など、保険の適用にも様々な条件があるようです。

外傷や口唇口蓋裂の修正とは畭なって、ガミースマイルの治療が健康保険(昭和2年に施行されたのがその始まりだそうです)の適用になるかは、そのクリニックによって違ってくるのですので、診療を受ける前に、費用や保険の適用についても相談することをお勧めします。

 

サイトマップ

高齢社会の介護伊藤潤一の口臭消滅プログラム体験記クリスマスイルミネーション面接クリアで転職戦線異常なし