×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガミースマイル 治療

ガミースマイルの治療法

歯科で行われるガミースマイルの治療法には、単独で矯正治療を受ける方法と、矯正用のインプラントを併用して行う方法、外科手術を行う方法があります。単独で矯正治療を行う方法は、ほんの数ミリしか移動ができず、一番効果も低いので、ガミースマイルの程度が軽度の方に限られてしまいます。

矯正用のインプラントを併用して行う方法では、骨の中に土台となる矯正用に作られたインプラン(考えや構想をいうこともあります)トを埋め込み、歯を動かすという治療方法です。ガミースマイルの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)期間の短縮だけでなく、外科手術が必要な方の治療も可能にする方法で、単独で行う矯正治療よりも効果が期待されますが、骨の成長がある程度治まった16歳以上とされています。

ガミースマイル治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の矯正用インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トには「SMAP(スマップ)」、「K-1システム」、「MIA(マイクロプラント)」、通常のインプラン(計画や案のことをいいます)トなどがありますが、比較的歯茎の移動が少ないなど、ガミースマイルの程度が軽い場合には、「K-1システム」が使用されるのです。インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トは、麻酔から治療終了まで、30分〜2時間と、その程度や本数によって治療時間は大きく変わってきます。

外科手術を併用してしている方法は、歯が埋まっている骨自体を動かすので、ガミースマイルの矯正治療の中では、最も治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)効果を持つ方法になります。この場合の手術費用は保険の適用になっていますし、高額療養費の申請も出来ますから、他の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に比較すると安く済みます。

 

サイトマップ